IT活用

本を読まずに聞く次世代読書~iPhoneのkindle読み上げ機能活用~

iPhoneでKindleを聴く方法

こんちわ!結城ひじき(@Yhiziki)です。

本を買っても満足しちゃって、読んでない本が大量にあるよー
ひじき
ひじき
私も全く同じでした。でも本を聴くようにしてから1冊読むことが苦痛ではなくなりましたよ

本って買う前が一番モチベーションが高くて、買ってしまったらだんだんとモチベーション低下して結局読まないことありませんか?私も読んでいない本がたくさんありました。以前自宅にある本を断捨離した結果、半分近くが読んでない本でした。

そんな私でも効率的な読書方法を知ったことで、読まない本が劇的に削減しより短い期間でたくさんの本を読むことができるようになりました。その方法とは、iPhoneの電子書籍読み上げ機能の活用です。

この記事では、iPhoneの電子書籍読み上げ機能を活用して、効率的に読書をする方法をご紹介いたします。

iPhoneの電子書籍読み上げ機能とは

読書

iPhone(iOS)の標準機能として、文章を読み上げる機能が搭載されているのです。※Androidではまだ実装されていないようです。

iOSの文章読み上げ機能とKindleの電子書籍を組み合わせることで、いつでもどこでもスマホを開かなくても読書することができるようにあるのです。

機械による読み上げのため、カタコトではありますが、慣れれば全く気になりません。

Kindle

Kindle

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

 

本を聴くメリット

満員電車でもランニング中でも読書ができる

ランニング

「本を聴く」一番のメリットは、いつどこでも何をしているときでも読書することができるということです。読書というのは、本を開いて自分の目で読まないといけません。そのため、満員電車のような人が密集している場所やランニングなど運動しているときに読書はできませんでした。

しかし、「本を聴く」ことで場所を選ばずにどこでも読書することができるのです。耳さえ空いていれば、ランニング中でも家事をしながらでも家から駅までの歩いてる時間でも読書るすることができるのです。

1週間に3冊読むことは苦痛ではない

読書たのしい

今まで何もできなった時間で読書をすることができるため、読書に充てる時間が格段に増加します。私の場合、毎日通勤に往復2時間かかっています。それをすべて読書にあてることができました。今まで何もすることなく、ただ音楽を聴いていた時間にです。

通常、読書をすると、1冊1時間~2時間程度だと思います。「本を聴く」場合は、1冊読破するためには、だいたい2時間~4時間かかかります。時間だけ見ると、2倍の所要時間が必要です。

しかし、今まで無駄にしていた毎日の通勤2時間を読書に充てることで、2日で1冊読むことができました。普通に本を読んだ場合は、自分で時間を作ったりして1週間以上かかってしまうケースもあったのですが、スキマ時間を活用して、2日で1冊読むことが可能になりました。

無理やり時間を作る必要もないため、何かの時間を削る必要も一切ありません。圧倒的な時間の有効活用です。

内容が頭に入ってくる

「本を聴く」ことで普通に読むよりも内容が頭に入ってきます。なぜなら、聴くことに集中しなければいけない状態だからです。

通常、本を読むと読むことが目的になってしまって、内容が入ってこない時ありませんか?全部読み終わったけど、結局、内容をほとんど覚えていないとか。私はよくありました。

しかし、聴くことで人から教えられているときと同じように自然と頭で内容を整理して聴くことができるので、内容が頭に入ってきやすいです。せっかく本を読むのであれば、書いている内容をできるかぎり吸収したいですよね。

家に本が増えない

本大量

本を聴くためには、電子書籍である必要があります。そのため、本棚に本が増えなくなります。本が増えないことで、部屋がシンプルになり、より部屋にいる状況に安心感を与えられます。部屋にモノがごちゃごちゃしていると無意識のうちにストレスを感じてしまうそうです。

また、Kindleの場合は、定価で購入するよりも低価格で購入することができます。新刊でも2割引~半額まで安かったり、期間限定でさらに安く購入できたりします。

この機会に、本棚の本を電子書籍にしてみてはいかがでしょうか??

iPhoneの電子書籍読み上げ機能の使い方

実際にどのようにしてiPhoneでKindle電子書籍を読み上げるのかを解説していきます。非常に簡単で1分もかかりません。

iPhone(iOS)の設定

「設定」アプリから「一般」を選択する

「アクシビリティ」を選択する

「スピーチ」を選択する

「画面の読み上げ」をオンにする

Kindleで読み上げる

「Kindle」アプリから電子書籍を開き、画面外から2本指でスワイプする

操作パネルが表示され、音声読み上げが開始される

その他のオーディオブックのご紹介

kindleで電子書籍を購入しなくても本を聴く方法はあります。もし、機械音声が苦手という方であれば、こちらのサービスも参考にしてみてください。

Audible (オーディブル)

オーディブル

Audible (オーディブル)は、Amazonが提供している本の朗読サービスです。月額1500円で1万冊以上の本が聴き放題となります。

実際にヒトが朗読しているので、細かい表現などは理解しやすく違和感なく、本を聴くことができるはずです。

難点はあまりよい作品がないことです。新刊はほとんどないため、新しい本を読みたい方にはあまりおすすめしません。興味があれば、無料体験も可能ですので、是非お試しください。

Audible (オーディブル) - 本を聴こう

Audible (オーディブル) – 本を聴こう

Audible, Inc.無料posted withアプリーチ

 

audiobook.jp

audiobook

audiobook.jpもAudible (オーディブル)と基本的に同じです。月額750円で1万冊以上の本が聞き放題となります。Audible同様に、新刊や人気作品は少ない印象です。

ただ「聴く日経」は、非常に良いコンテンツだと感じました。短時間で毎日の日経情報を取得できるよいコンテンツです。

audiobook.jp

audiobook.jp

Inkstone Software, Inc.posted withアプリーチ

 

さいごに

まだまだオーディオブックは発展途上のサービスです。しかし、一度使うと読書体験に革命がおきます。「こんな便利なものがあったのか!」と私は驚き、本を読む量も増やすことができました。

たくさんのサービスがありますが、自分の購入した書籍を聴くことができるKindleが圧倒的に最強です。今回ご紹介した有料サービスはもっとコンテンツが増えてきたら試すくらい良いでしょう。

もっと読書をしたい!と思っているのであれば、ぜひお試しください。